猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南相馬の猫おばさんにご支援を!

2022.02.25 (Fri)
【この記事はしばらくトップ固定にします。最新の記事は1つ下からです】

「南相馬の猫おばさん」へのご支援、応援をお願いします。

「南相馬の猫おばさん」こと吉田美恵子さんは、原発事故によって避難生活を余儀なくされている、福島県南相馬市にお住まいの方です。
東京電力福島第一原発事故によって、「数日で帰れるから」と避難させられた住民は、警戒区域の設定によって、結局、長い期間、自宅に戻ることができなくなりました。
それによって、取り残された犬猫などのペットや、牛・豚などの家畜の多くが餓死したり、殺処分されたりしてしまいました。
運良く助け出された犬猫は数パーセントと言われています。

「猫おばさん」も、残してきた飼い猫たちを連れ出せない状況になった一人です。
飼い主が家族同然のペットを連れ出すこともできないという不条理。
そのため、警戒区域に入れるよう行政に掛けあったり、この不条理な状況を動画配信で世間に訴えたりといった活動をしておられました。

警戒区域への立ち入りを訴えた「猫おばさん」のメッセージ


ようやく自宅を見に行ったときには、残念ながら数匹の飼い猫たちは息を引き取っていました。
生き残っていた猫たちは連れ出すことができましたが、未だに行方不明の飼い猫を探しておられます。

ニュースで報じられた「猫おばさん」帰宅時の様子。悲しいシーンあり


避難区域には、飼い主さんが未だに探している飼い猫をはじめ、取り残された猫や、それらの猫から新しく生まれた猫も含め、千匹単位の猫がいると推測されています。

これらの猫たちの命のために、「猫おばさん」のほか、個人ボランティア、動物保護団体の人たちが定期的に給餌をして生き延びさせ、できるかぎり保護して、飼い主さんと再会させたり(昨年も再会したケースあり!)、里親さんを見つけたりしています。
加えて、過酷な避難区域で生まれ、人知れず死んでしまう不幸な命を減らすための「TNR」活動もしています。

「猫おばさん」は大変な避難生活中にもかかわらず、猫たちのために毎週欠かさず給餌ほかの活動をボランティアの方たちとしておられます。

南相馬の猫おばさんを応援する会のブログ

こちらのブログで「猫おばさん」が給餌のためのキャットフードなど支援物資を募集し、活動報告をしておられます。
支援物資はAmazonで簡単に買えるようにもなっています。
また、給餌活動のボランティアも募集しておられます。

東日本大震災・原発事故も4年近くが経ち、悲しいかな早くも風化しつつあるようですが、被災地では未だに大変な苦労をしている住民の方、飼い主さん、猫たちがいます。
できる範囲で結構です。
こうした方たち、猫たちのために、ご支援、応援をよろしくお願いします。
スポンサーサイト

自分に何かあったときのペットのために

2015.03.07 (Sat)
もうすぐ、東日本大震災から丸4年。

原発事故が起き、周辺の住民たちは強制避難させられた。
警戒区域が設定され、自分の家でさえ、戻ることができなくなった。
そのため、自宅に残されたペットの多くが悲惨な死を迎えた。

つながれていた犬は、食事も水もとることができず、餓死あるいは衰弱死した。
室内飼いの猫は、家に閉じ込められたまま、餓死あるいは衰弱死した。
閉じ込められた猫たちが、空腹に耐えられなかったのであろう。「共食い」した果てに全滅していたブログ記事を読んだこともあった。
記事に添えられていた、骨だけになった猫の写真が、今でも脳裏に焼き付いている……。

このブログで今トップに置いてあるこちらの記事の「南相馬の猫おばさん」の動画も参照してほしい。

こんな不条理な死を無駄にしないためにも、教訓にしないといけない。
もし自分が避難を余儀なくされるような災害に遭ったら、絶対に猫たちと同伴避難(同行避難)する。

それと共に、自分に何かあったとき―突然死んだり、意識不明になったりしたとき―、自宅に猫が残されていることを知らせ、猫たちが無事であるようにしなければいけない。
そのためにこういうカードを自作し、身分証と一緒に携帯している。

ペットのための意思表示カード

カードの作成には、こちらのサイトを参考にした。

ペットを家に残したまま出先で事故に!ペットが家に残されている事を知らせてくれる☆ペットの為の意思表示カード!無料ダウンロード【犬、猫、 ウサギ&鳥バージョン】 | Big Tree For Animals

また、同様の目的のカードやステッカーを購入できるネットショップがある。
ステッカーは自宅の玄関に貼っておけば、そこにペットがいることを知らせることができる。

HELPステッカー&カード - PAPIPUPE-POO♪

災害も原発事故も人ごとではない。
人生、いつどこで何が起きるかわからない。
日頃から災害や不慮の出来事を想定して、猫たちの安全が確保されるようにしなければいけない。

閉じ込めないでね

こちらも参考に。

ペットの災害対策|環境省

『同伴避難』 :児玉小枝



 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。