猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとがなくなる

2015.03.13 (Fri)
虹の橋にいる、ねね。
福島県大熊町の小入野という地区で保護された(ねねは大熊町下野上で保護されたことが分かった。2015.3.26 追記)
ねね、差し込む光

福島県で発生した汚染土壌などの放射能汚染廃棄物を保管する中間貯蔵施設。
東京電力福島第一原発の立地自治体である大熊町・双葉町に建設される。
その中間貯蔵施設予定地の保管場へ、汚染土の搬入が始まった。

「福島の中間貯蔵施設へ汚染土搬入を開始、一方で課題も山積み」 News i - TBSの動画ニュースサイト


汚染土搬入、見切り発車 福島・大熊 中間貯蔵予定地|東京新聞

施設用地の地権者との交渉は全く進んでいないという。
中間貯蔵施設に保管される汚染廃棄物は、30年経ったら福島県外の「最終処分場」にすべて運び出すと法律で決めたというが、そのまま適用される保証もなく、なし崩しに中間貯蔵施設が最終処分場となる可能性は大きい。
そんな状況で、地権者は先祖代々受け継いだ何よりも大切な土地をおいそれと貸したり売ったりできるはずもない。

そして、信じられないことに、地権者が用地を国に売却する場合、土地評価額は事故前の半額だという。
国と東電が加害者である原発事故で、突然、自分の土地や家を住めなくされたにもかかわらず!
しかも、農地を売却する場合は、これまで免除されてきた贈与税の納税義務が発生するという。

ふるさとを放射能まみれにし、さらにゴミ置き場にした上に、財産さえも正当に補償しない。
「この国は国民を守りはしない」
原発事故後に、はっきりわかったことだ。

「あそこに中間貯蔵施設を作るのは、しかたないよね」
まるで人ごとのように、そんなこと言えますか?
次に同じ目に遭うのは、私かもしれない。あなたかもしれない。

小入野地区の約8割が、中間貯蔵施設の候補地に入っている。
ねねのふるさとはなくなるかもしれない(ねねのふるさとは無事なことが分かった。2015.3.26 追記)
スポンサーサイト

あの日から4年

2015.03.11 (Wed)
あの日と、あの日からの4年で、たくさんの命がなくなりました。

たくさんの人が、この世のこととは思えない大津波にさらわれて死にました。
たくさんの動物も大津波にさらわれて死にました。

たくさんの人が、地震と津波にやられても生き延びていました。
でも、この世のものとは思えない原発のせいで、救助されずに死にました。
たくさんの人が、原発から逃げる途中で、あるいは逃げ終えてから、死にました。

たくさんの人が自ら死を選びました。
おばあさんは、お墓に避難すると言って、死にました。
おばさんは、ふるさとに戻りたいと言って、火をつけて死にました。
おじさんは、原発さえなければと壁に残して、死にました。

たくさんの動物が、原発のせいで取り残されました。
そして、お腹が減ったまま、喉が渇いたまま、死にました。
看取られず、人知れず、たくさん死にました。
放射能を浴びて価値がなくなったと、たくさんの動物が殺されました。

たくさんの動物が、助けられた後に死にました。
ある猫は、助けられて新しいおうちに引き取られました。
でも、知らない土地に来てストレスだったのか、不治の病になって死にました。
原発がなければ、今頃ふるさとで、元のおうちで、昼寝していたかもしれません。

あの日からの4年で、たくさんの命がなくなりました。
生き残った人も、たくさんの大切なものをなくしました。

合掌

合掌。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。