猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

原発反対 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふるさとがなくなる

2015.03.13 (Fri)
虹の橋にいる、ねね。
福島県大熊町の小入野という地区で保護された(ねねは大熊町下野上で保護されたことが分かった。2015.3.26 追記)
ねね、差し込む光

福島県で発生した汚染土壌などの放射能汚染廃棄物を保管する中間貯蔵施設。
東京電力福島第一原発の立地自治体である大熊町・双葉町に建設される。
その中間貯蔵施設予定地の保管場へ、汚染土の搬入が始まった。

「福島の中間貯蔵施設へ汚染土搬入を開始、一方で課題も山積み」 News i - TBSの動画ニュースサイト


汚染土搬入、見切り発車 福島・大熊 中間貯蔵予定地|東京新聞

施設用地の地権者との交渉は全く進んでいないという。
中間貯蔵施設に保管される汚染廃棄物は、30年経ったら福島県外の「最終処分場」にすべて運び出すと法律で決めたというが、そのまま適用される保証もなく、なし崩しに中間貯蔵施設が最終処分場となる可能性は大きい。
そんな状況で、地権者は先祖代々受け継いだ何よりも大切な土地をおいそれと貸したり売ったりできるはずもない。

そして、信じられないことに、地権者が用地を国に売却する場合、土地評価額は事故前の半額だという。
国と東電が加害者である原発事故で、突然、自分の土地や家を住めなくされたにもかかわらず!
しかも、農地を売却する場合は、これまで免除されてきた贈与税の納税義務が発生するという。

ふるさとを放射能まみれにし、さらにゴミ置き場にした上に、財産さえも正当に補償しない。
「この国は国民を守りはしない」
原発事故後に、はっきりわかったことだ。

「あそこに中間貯蔵施設を作るのは、しかたないよね」
まるで人ごとのように、そんなこと言えますか?
次に同じ目に遭うのは、私かもしれない。あなたかもしれない。

小入野地区の約8割が、中間貯蔵施設の候補地に入っている。
ねねのふるさとはなくなるかもしれない(ねねのふるさとは無事なことが分かった。2015.3.26 追記)
スポンサーサイト

東電、いい加減にしろ

2015.02.28 (Sat)
福島第一原発で高濃度の汚染水が海に流出していたにもかかわらず、東京電力が公表していなかった問題。

昨年8月には平時の10倍以上の高濃度を記録したが、公表すべきものとは「思わなかった」という。

【東電】汚染水流出、公表すべきと「思わなかった」| ハフィントンポスト


東電はこれまでも、何度も何度も嘘、隠蔽、ごまかしを続けているが……、

ミミ・ミケ怒る

いい加減にしろ!!

汚染水が漏れること自体は、仕方ない面もあるかもしれない。
膨大な作業工程があり、作業員確保の問題もあるだろう。
しかし、事実を隠すことは許せない。
悪質な偽装行為。嘘つきだ。

個人的には、東電は解体し、資産から原発被害者への十二分な補償をして、第一原発の廃炉作業には国家プロジェクトが世界中の叡智を集めて当たるべきだと思っている。
東電みたいな無責任で、隠蔽体質、公務員体質の企業に、重大な廃炉作業を任せられない。
再び、取り返しのつかない事故を起こすと思う。

海への汚染水流出:東京電力の本音「測ってしまったから、わかってしまった」 | 取材 | OSHIDORI Mako&Ken Portal / おしどりポータルサイト


こちらも参照を。
本職は芸人ながら、原発事故後からずっと東電の会見にジャーナリストとして参加し、鋭く切れ込んで、第一原発の詳しい状況を伝えてくれている、おしどりマコさんのサイト。

脱原発デモ&抗議のハシゴ

2013.01.05 (Sat)
久しぶりに猫以外の記事を。

脱原発・反原発のデモ&抗議行動をハシゴの一日。

1つ目は「反原発西武線沿線連合」さん主催による『高田馬場☆ニューイヤー脱原発デモ!』
デモのときはいつも写真を撮り忘れるのだが、今回も写真なし。

次は、デモ終了後に新橋へ向かい、途中から参加した「月曜定例会」さん主催の『新春スペシャル「九つの電力会社行脚』。東京にある電力会社9社をすべて回り、抗議するという企画。
こちらも写真を撮り忘れ。

さらに、帰宅途中の新宿駅西口で、もしかするとやっているかもと寄ってみたところ、勘が当たった、新宿駅西口の「スタンディング意思表示」に参加させてもらう。
これは、デモで知り合ったKY生さんがやっていらっしゃることで知ったアクション。
参加している皆さんは、10年も前から反戦なども含めて行動していらっしゃる。

新宿西口スタンディング_PACEフラッグ

新宿西口スタンディング_反原発ウチワ?

新宿西口スタンディング_原発いらない

原発をなくすためには、できることは何でもいいから少しずつでもやっていくしかないと思っている。


今週も金曜官邸前抗議

2012.07.20 (Fri)
今週も首相官邸前抗議に参加。

今回は桜田門駅から国会議事堂正門を目指そうと思っていた。
しかし、Twitter上に国会議事堂前駅は空いているという情報があったため、今回も同駅から官邸近くに向かうことにした。参加時間が25分しかないため、移動による時間ロスを少しでも避けたい。
ところが、確かに同駅は空いていたものの、警察に誘導され、大幅に迂回させられ、結局は国会議事堂まで移動させられてしまった!

田中康夫氏配布の白い風船が目立った
田中康夫氏配布の白い風船が目立った

国会議事堂正門の通りでは、怒りのドラムデモのドラム隊が活動していたため、そこでリズムに乗ってシュプレヒコールを上げた。

ドンスカドンドコ、再稼働反対!


定時の20時に抗議は終了。
その後、経産省前で行われていた抗議行動に参加。

経産省前テント
経産省前テント

何人もの若者が交代でスピーチをする中、「動物を守れ!」とシュプレヒコールを上げる若者もいたのが頼もしかった。

抗議は経産省庁舎正門の真ん前で行っていた。
仕事終わりの経産省職員が建物から出てくるのだが、多くは門のところまで来て、抗議の群衆を見て、こりゃ駄目だと言わんばかりにきびすを返して建物内へ戻っていく。
しかし、抗議行動を屁とも思っていないのか、怒号を浴びながらも群衆の中を、能面のような顔でくぐり抜けていく職員もいる。

建物内にきびすを返す経産省職員
建物内にきびすを返す経産省職員

ある職員の一団が出てきたとき、やはり皆が思い思いの言葉を投げかけるのだが、私は「まともな人間に戻ってくれ!まっとうな人間に戻ってくれよ!」と、声を限りに叫び声を浴びせかけた。
はたから見たら、私のほうがよっぽどまともじゃないな。
しかし、とっさにそんな言葉しか出てこなかった。
なんだか中途半端な物言いだが、なぜそう言ったのかは自分でもよく分からない。

原発にさよならしようよ、経産省さん。

「さようなら原発10万人集会」に参加

2012.07.16 (Mon)
今季最高の猛暑になった7月16日。代々木公園で行われた脱原発の集会&デモ「さようなら原発10万人集会」に参加した。

10万人どころか17万人(主催者発表。警視庁発表7万5千人)が集まった。
メインステージでのプログラムが始まる前に代々木公園に到着したが、すでにステージ近くには全く近づけないほどの人で埋まっていた。

労組などの組合や政治系団体が全国津々浦々から集まっていることを伺わせるように、数えきれないほどの旗やノボリが掲げられていたが、家族連れや若者のカップルなど、個人参加と思われる人たちもたくさんいた。

うだるような猛暑にもかかわらず、人、人、人…
猛暑の中、人、人、人…

集会の呼びかけ人である大江健三郎氏や坂本龍一氏らのスピーチが始まったが、私の居場所からステージは遥か遠方にあり、その様子は見えない。近くのスピーカーからの声を聞くのみ。
そんな中でも、国民が電気料金値上げ覚悟で、電力会社と「直接」交渉して原発を止めさせるという提案をした広瀬隆氏の話と、福島県で事故以前から反原発を戦ってきた武藤類子さんの話は特に印象に残った。

スピーチが終わると、3つのコースへ別れてデモ行進が開始された。
あまりの暑さで一人ではデモ行進をする気力が出ないので、参加している友人と合流しようとしたが、あまりの人の多さに叶わなかった。
仕方なく、デモ行進を適当なところでリタイアしようと思っていた矢先、警戒区域の動物たちの悲惨な写真をプラカードにして掲げている一団を見つけ、合流させてもらうことにした。
後で分かったのだが、その一団は福島県飯舘村を中心に動物保護活動をしている「愛ちゃん」とそのお仲間たちだった。
彼女たちはなんと地元静岡県から福島まで出動して保護活動を続けている。
そして偶然にも、私は彼女のブログを以前から拝読していた。

警戒区域動物の惨状を訴える人たちと一緒に行進
警戒区域の動物たちの惨状を訴える人たちと行進

暑さに負けそうになっていたところ、彼女たちが叫び続けるシュプレヒコールを後追いで叫んでいるうちに、自然と力が湧いてきた。
シュプレヒコールはこんな感じ。

「警戒区域で・・・・まだまだ動物・・・・たくさんいるぞ・・・・苦しんでるぞ・・・・」
「猛暑の中で・・・・犬猫達が・・・・今日も待ってる・・・・お腹を空かせて・・・・飼い主さんを・・・・今でも待ってる」

動物たちが今も待っていると思うと、暑さに負けている場合ではなかった。
デモ行進の途中、沿道には、愛ちゃんたちが掲げる写真に真剣に見入って、悲しみ、理解を示してくれる人もいた。
その様子を見て、避難区域の動物の現状を知ってくれれば、誰だって何とかしたいと思ってくれるはずだと感じた。
アニマルエイドさん、愛ちゃんをはじめ、避難区域で待っている動物たちを救出することを、決してあきらめない人たちがいる。
沿道の人たちに現状を知ってもらい、保護活動をしている人たちに支援してくれることに少しでもつながればいいなと思いながら、シュプレヒコールを続けた。
そして、行進開始から2時間半後、ゴール地点の千駄ヶ谷に到着した。

今回は自作したねねのプラカードを掲げて行進した。

ねねのプラカード
ねねのプラカード

「福島返して」は、ねねが言っている。
私は福島県に親戚もいなければ、知り合いもいない(震災後に知り合った方はいる)。
そんな福島とは縁もゆかりもない人間なのに、「福島返して」と当事者ヅラして言うことは気が引ける。
しかし、原発反対を訴えるときに、何を拠り所にするかといえば、やはり最大の被害者である福島の人たちの痛みだ。もし自分が同じ立場だったらと想像すれば、どうしようもないほどの怒りと悲しみと悔しさが湧き起こる。胸が張り裂ける。
そして、原発によって失われた無数の動物たちの命と、今も人間を待ち続けて必死で生き抜いている動物たちへの思い。
だから、福島で育ったねねに代わりに言ってもらった。「原発が壊した福島返して。元に戻して返して」と。

原発反対の理由はいろいろ挙げられるだろうが、福島の人たちの立場に立つことを忘れてはならないと思う。
さらに、福島第一原発が首都圏の電気を作っていたことも知らずに、電気を湯水のごとく使う生活を東京で享受していた身としても、福島の人たちの境遇を決して忘れてはいけない。

プラカードがあったから、ねねが一緒に行進しているようで力になったよと、帰宅してからねねに伝えた。
« Prev  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。