猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

ねね の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねねのふるさと、見つかる

2015.03.26 (Thu)
ねねのふるさとが分かった。

ねねの身づくろい

ねねが2011年に保護されたのは、福島県大熊町の小入野だと聞いていたが、そこではなく、同町の「下野上」という場所だった――。

ねねを保護してくれたレスキューボランティアさんから、保護した場所の写真を頂いていたので、それを頼りに場所を特定しようと、Googleマップのストリートビューを見続けてきた。
小入野地区を隅から隅まで捜索したが、写真と一致する場所はなかった。
ストリートビューのデータがない場所もあるので、諦めかけていた。
それでも、もしかしたら別の地区かもしれないと、範囲を広げて捜索を続けていたところ、昨日、ようやく見つけることができた。

うれしかった。
ここがねねが暮らしていた場所かと、ストリートビューで保護場所の付近を散策して、実感できた。
そして、この場所は原発事故に伴う中間貯蔵施設の予定地ではなかったことにも安心した。
ねねのふるさとが汚染廃棄物で潰されることはない。

もちろん、中間貯蔵施設によって住民の人たちの、動物たちのふるさとが奪われることへの怒りは変わらない。
原発によって、ふるさとを台無しにされた上に、土地を供出させられるという理不尽。
東京電力と政府を決して許すことはできない。

ねねのふるさとは帰還困難区域で、今は一般の立ち入りはできないが、いつの日か訪れ、この目で見たいと思っている。


[2015年3月27日 追記]
中間貯蔵施設の予定地は下図の通り。予定地の左端に沿っている道は国道6号で、ねねの保護場所である下野上地区は、この道を挟んで反対側にある。

中間貯蔵施設
「大熊町公式サイト」より

中間貯蔵施設の広さは16平方キロメートルで、これは渋谷区や三鷹市と同じぐらいの面積。その広大な場所が、東京ドーム18杯分にあたる2,200立方メートルの除染廃棄物で埋め尽くされる。
用地の地権者は2〜3,000人と言われる。数千人のふるさとが奪われることになる。
スポンサーサイト

ねねの6回目の月命日

2013.02.09 (Sat)
ねねが死んでから半年経った。
いつもねねの写真を見ているせいか、そんなに経った気がしない。
デジタルフレームに入れて一日に何枚も。プラカードも、ねね。

ねね、ブラッシング

ねねの写真はたくさんあるけれど、もう増えることはない。
もっともっとたくさん撮りたかったけれど、もう撮れない。

ねね、コロンコロン

ねね、コロンコロンからハッとする

三兄弟たちの写真、たくさん撮らなきゃね。
ねねと仲良しだったシロのことも、ねねに嫉妬していたミケのことも、ねねを見守っていたミミのことも。

ねねとミミ、仲良し寝

ねねがシロをガン見

全員集合

ミケがベタベタに甘えてくるのは、きっとねねが「あたしの分も甘えて」と頼んでいるんだろう。

ねね、眠い

ねっ!

ねねの月命日とガイガーカウンター

2013.01.09 (Wed)
今日はねねの5回目の月命日。
1月6日がうちにねねがやって来た記念日で、お供えにマグロを奮発したこともあり、今日はお供えは質素にした。我慢してね。

先日、放射線測定器(ガイガーカウンター)を購入した。
主な目的は、猫砂として使っている木質ペレット(ペレットストーブ燃料。木くずを固めたもの)の放射線量を測るため。
使っていたペレットは北欧産なのだが、チェルノブイリ原発事故由来の放射能汚染が見つかり、しばらく発売中止になっていた。その後、検出される放射性セシウムは微量なため発売は再開されたが、猫が直接触るものなので自らチェックしたかった。厳密には専門の測定所で放射能量(ベクレル)を測ったほうがいいのだが、木くずなので表面線量でもある程度判断が付くと思った。

結果は、室内の空間線量率(0.1~0.12μSv程度)とほぼ変わらない。
ひとまず安心だが、ロットによってセシウムが検出されたりされなかったりするらしいので、今後もチェックしていく。

左が木質ペレット表面の測定値、右が室内空間高さ1mの測定値
ガイガーカウンターによる測定

ところで、買ったばかりのガイガーカウンターだが、保護のためにビニール袋に入れておいたら、ミミがかじり付いて、さっそく傷が付いてしまった!
ミミはビニール袋に何か入っていると、食べ物だと思うのか、かじり付き、引きちぎってしまうクセがある。

噛み跡が付いたガイガーカウンター
ガイガーに傷

今回もそのクセで噛み付いたのだろうと思った。でも今日はねねの月命日。
もしかしたら、「こんなものいらないよっ!」と怒って噛み付いたのかもしれない。ねねのために……。

ミミはねねを見守っているようなところがあったから、きっとそうに違いない。
ねねもそう思うでしょ?

ねねとミミの仲良しショット
ねねとミミのツーショット

ねねと白猫三兄弟
ねねと白猫三兄弟

ねねの得意のコロンコロン
ねねのコロンコロン

ねねとミミは、きっと、もっともっと仲良くなったね!


ねねがいたおかげで

2012.11.17 (Sat)
今日、掃除していたときに、ミミがじゃれついて走っていく様子が面白かったので、「あんたたちがいるおかげで、本当に楽しいねえ」と白猫三兄弟に話しかけたときに、ちょうど写真の中のねねと目が合ったので、流れで「ねねがいたおかげで……」という言葉が出てきた。

「ねねがいたおかげで」どうなんだろうと、考えた。次の瞬間、「やさしくなれた」という言葉が出てきた。自分が考えたというより、ねねが話しかけてきたようにも感じた。
「あたしがいたおかげで、やさしくなれたでしょ」と。

ねねがうちに来て嬉しくて、でも難しい病気になって悲しくて、それでも一生懸命生きていく様に励まされて、看病の甲斐もなく死んでしまいどうしようもなく悲しくて……。
でも、そのおかげでやさしくなれたと思う。猫に対して、人に対して、命に対して。自分で言うのはおこがましいけれど、そう感じる。
命は何にも増して大切なんだ、だからやさしくしなければいけないんだ、と。

ねねがいてくれたおかげで、私は前よりやさしくなれた。少しだけかもしれないが、やさしくなれた。
このやさしさをなくしてはいけない。ねねと約束したようなものなのだから。

「あたしがいたおかげで、やさしくなれたでしょ? それをなくさないでね」

あたしのおかげよ


ねねの3回目の月命日

2012.11.09 (Fri)
今日はねねの3回目の月命日。
ねねを撮った写真を見ながら、思い出す。

ねねは落ち着いている子だったので、おもしろい行動で大笑いさせられた想い出はあまりなかったけれど、常に笑顔にさせてくれる可愛さを持った子だった。

おねだりねね

いつも尻尾をゆら〜ゆら〜と横に振りながら、ポテポテという足取りで歩いてくる姿。

白猫三兄弟がごはんを要求しに、我先にと台所にやってくると、遠慮しながら少し遅れてやってきて、こちらを見上げて「ヒャ〜」と鳴いて要求する姿。

遊びの時間には三兄弟の勢いに押されて、しばらくは脇で見ているのだけれど、我慢できなくなると隙を見てじゃれついてくる姿。

なになに?

玄関の脱走防止柵を、フワリと音も立てずに飛び越える姿。こちらが怒ってもいないのに、見つかると慌てて飛び越えて戻ってきた。

完全には人馴れしていないのに、機嫌が良くて甘えたさんになると、ずんずんと顔を近づけてきて鼻キッスしてくる姿。

安眠ねね

どの姿も可愛かった。もう一度会いたいな。
生まれ変わってきてくれないかな。

ねえ、ねね。

鼻キッス

« Prev  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。