猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び、紫陽花革命に参加

2012.06.29 (Fri)
先週に続き、毎週金曜日に行われている、首相官邸前原発再稼働反対集会に参加した。この集会はチュニジアの民主化運動「ジャスミン革命」になぞらえ、「紫陽花革命」と呼ばれている。

原発再稼働許すな!首相官邸前抗議行動

先週は4万5千人(主催者発表)が集まったが、今週はさらに増え、20万人近く(主催者発表。警察発表2万人弱)が集まった。
*警察は集会開始当初の人数をカウントしており、主催者はその後も増える人数もカウントしているため、このような集会では常に報道での人数に差が出る、というような記述をどこかで読んだ。

集会は夜6時から8時までの2時間の予定だが、前回とほぼ同じ7時35分に到着。
地下鉄の国会議事堂前駅から地上に出ると、先週とは比べ物にならない群衆がそこにあった。先週は歩道だけにいた群衆が、今回は車道まで埋め尽くしていた。感覚的には前回の4倍はいた。

デモや集会というと、殺伐とした雰囲気を想像するが、このデモはとても平和的な雰囲気で、子供連れのお母さん、お父さんも多数いた。私の隣りには3人の子連れの若いお母さん。子供も一緒に「再稼働反対っ!」と可愛いシュプレヒコールを上げていた。
*後で確認したら、官邸前の最前列では、官邸に突入しろと言い出す愚かな輩もいて、少し騒然としたらしい。

7時50分ごろ、主催者スタッフが、予定の8時より早いが混乱を避けるために解散してほしいということを伝えてきた。それを聞いた参加者は三々五々整然と解散していき、私も隣にいたご婦人と「お疲れ様でした」と会釈しあって、帰路に着いた。
*これも後で確認したら、どうやらあまりの人数に危険を感じた警察が、主催者に予定より早い解散を求め、主催者も次回の開催に向けて受け入れたらしい。

国会議事堂前駅では切符を買うために販売機に並ぶ人、そこを横切って改札口へ向かう人でごった返した。ついイライラして、肩が当たった人に舌打ちしそうな状況だが、ここでも皆さん、平和的で混乱はない。
警備を終えた警官に向かって、「お疲れ様でした」と挨拶したら、お巡りさんも挨拶を返してくれた。警官も殺伐としたところは全くない。

このデモでたとえ20万人集まっても、愚かな野田政権が再稼働を撤回するとは思えないが、私自身が原発に反対であることを表明することが目的なので、原発が止まるまで、できる限り参加していきたい。

再起動反対!
原発反対!
ねねのふるさと福島を返せ!

群衆が車道と中央分離帯まで溢れている
紫陽花革命

スポンサーサイト

ねね、貧血、体重減少続く

2012.06.27 (Wed)
ねね、経過観察の受診・検査。

体重が先週より100g減(3.3kg)。
食欲が落ちている原因かもと考えた免疫抑制剤クロラムブシルを中止したおかげか、この1週間は食事量が落ちることがなかった。
そのため少し安心していたのだが、体重は減っていた。食事量が1日平均わずか50g程度だから、減っていても不思議ではないが…。

体温は40.0度とかなり高い。
4日前に自宅で身体が熱かったため計測したところ、39.8度あった。
抗生剤の副作用の可能性もあるという。あるいはステロイドを減らしたせいで体内の炎症が再発しているのかもしれない。

貧血は相変わらずあり。
造血剤ダルベポエチンと鉄剤を注射。
血糖値も大きな改善なし。

上唇の炎症はかさぶたが出来つつあるが、まだ完治までは時間がかかりそう。

先週からは数値上は改善なしだが、この1週間はクロラムブシルを投薬していたときに見られたやや活気のない様子もなくなり、久しぶりに猫じゃらしにじゃれついたりもしたので、調子いいようには見える。

ステロイド、抗生剤の薬量再検討はもう少し様子を見て、体重回復あるいは減少が止まってから行うことに。

■ ねねの検査値
日付 白血球数(個/μl) 赤血球容積比(%)  血糖値(g/dl)
1/21 70,400     25.0        127
1/26 40,700     28.5        ―
2/11 44,700     27.0        110
2/25 13,100     34.4        ―
3/21 22,700     36.7        123
3/31 11,000     36.6        ―
4/14 18,900     32.8        120
4/26 20,900     34.9        ―
5/ 9  10,500     26.2        140
5/30 18,800     22.5        287
6/ 6  19,000     19.0        219
6/13 15,700     22.5        263
6/27  9,600     23.5        259


上唇炎症はかさぶたに
上唇の炎症はかさぶたに


「にゃによ」
何よ


「写真は嫌いにゃのよ」
写真は嫌いにゃのよ

首相官邸前原発再稼働反対デモに参加

2012.06.22 (Fri)
首相官邸前で行われた、大飯原発再稼働に反対する抗議デモに参加してきた(厳密にはデモ申請していない=道路を練り歩かないので、デモではない)。
Twitterによってフツーの一般人が集まった抗議行動。毎週金曜日に行われており、回を重ねるごとに参加人数が増え、先週は遂に1万人を超えたらしい。
そして、今回は4万5千人が集まったらしい。

原発再稼働許すな!首相官邸前抗議行動

再稼働反対!

ねねは福島県大熊町で保護された。原発事故がなければ、出会うことはなかった。
今、ねねと一緒に暮らせて嬉しい半面、ねねの幸せを考えれば、ねねと出会わなければよかったと思っている。

原発さえなければ、私とねねが出会うことはなかった。ねねは今ごろ元の飼い主さんとのんびり過ごしていた。
原発さえなければ、ストレスが主要因といわれる猫伝染性腹膜炎を発症することもなかった。過酷な警戒区域で7か月もサバイバル生活を送り、運良く保護されたものの遠く離れたシェルターに運ばれ、多くの猫たちに囲まれ慣れない生活を送った。さらに我が家にやってきたこともストレスだったかもしれない。
原発さえなければ、ねねは今より幸せだった。

原発さえなければ、警戒区域の何十万匹という動物たちが死ぬことはなかった。
牛たちがつながれたまま餓死することもなかった。空腹から牛舎の柱を食べることもなかった。
犬が忠実に主人を待ち続けて餓死することもなかった。
猫が家に閉じ込められ、障子や布団を掻きむしった挙句に餓死することもなかった。共食いすることもなかった。
ある犬は檻の中に置かれた餌を食べたいがために、檻の網目に突っ込んだ首が抜けなくなり、そのまま息絶えた。
原発さえなければ、みんな死ななかった。

原発さえなければ、福島県の避難者15万人の人生がぶち壊されることはなかった。母親が我が子のガンに怯えることもなかった。
原発さえなければ、お年寄りが人生の終わりを避難所の寒い体育館で迎えることもなかった。
原発さえなければ、私と同じ姓の女性は焼身自殺しなかった。93歳のおばあちゃんはお墓に避難しなかった。
原発さえなければ、酪農家は「原発さえなければ」と書き残して自殺することはなかった。

そんな原発が存在していいわけがない。原発は人類が作り出した最悪の人類の敵だ。地球と自然を汚す最悪の敵だ。
コントロールできなければ、膨大な人々に不幸をもたらし、自然を汚染する。それも半永久的に。そして実際に原発はコントロールできなかった。
経済活動だとか、生活水準だとかを持ち出して原発を肯定するのは、防衛本能が退化している証拠だ。
理屈ではない。本能が拒否している。

原発、いらない。絶対に。

再稼働反対!

ねね、体重減少と上唇炎症

2012.06.20 (Wed)
ねねの経過観察の受診。

体重は3.4kgで、先週より100g減。
体温は39.4度と相変わらず微熱あり。
胸水はなし。

食事量は少ないながらも一定量に落ち着いていたので、体重の減少も落ち着くかと思ったが、甘かった。1日平均50g程度しか食べていないのだから、当然だ。

クロラムブシルを開始してから、一段と食欲が落ちているように感じていた。先代シロがこの薬を使ったときも食欲が落ちたように感じたことがある。
これ以上体重が落ちると怖いので、少しでも食事量が回復するよう、クロラムブシルを中止してみることを主治医に提案。
主治医は、抗炎症薬を減らすのは胸水が再発するリスクがあるので怖いという。猫伝染性腹膜炎(FIP)なのに胸水が治まったことは稀有なことなので、再発させたくないという。しかし、体重減少も怖いので、中止して様子を見ようということになった。

もう一つ、気になる症状が発症。上唇にかさぶたがあり、皮膚に炎症が起こっている。
1週間以上前からかさぶたがあったのだが、色が毛色に近く、「柄」だと思って見過ごしてしまっていた。今日になって、かさぶたが剥がれかかっていたため発見した。
ねねはチビ三兄弟と接触して遊ぶことはほとんどなく、怪我ではない。FIPが原因か、ステロイドにより免疫力低下しているための感染症か。

何の病気かははっきりしないが、かさぶたの組織を検査したところ好中球が見られたため、「口唇潰瘍」かもしれないとのこと。
何にしても、FIPで免疫力が落ちている状態で、この炎症は非常に嫌な感じ。炎症ならばステロイドが効いて治まっているはずだし。
抗生物質ドキシサイクリンを投与して様子を見ることに。ドキシサイクリンは抗炎症作用もある。
今のところ、ねねは上唇の患部を痛がったり痒がったりすることはないが、場所が口だけに悪化して食べられなくなるのは怖いので、早く治ってほしい。

貧血や高血糖をモニターするための血液検査は今回なし。
エリスロポエチン(ダルベポエチン)注射をしてもらう。
貧血に伴う症状は見られない。血色もここ最近では一番よいように見える。
1週間後に受診。


かさぶたが剥がれ落ちた患部
上唇の炎症


マイブームは網戸越しの見張り
ねねのマイブーム

ねね、貧血続く

2012.06.13 (Wed)
ねねの経過観察の診察・検査。

貧血は、赤血球容積比が先々週の値に戻っているものの、依然かなり重度な状態。
血糖値は前回より高値になってしまっていた。
胸水・腹水はなし。
また、貧血発症時から発熱があるが、今回もあり(39.7度)。

貧血の対症にエリスロポエチン(ダルベポエチン)注射を行う。

今回からステロイドの薬量を減らすことになったが、主治医は発熱があるのが心配だという。炎症の症状が再発する懸念もあるという。
そのため、ステロイドの種類を、現在使っているプレドニゾロンより効き目の強いデキサメタゾンに変更することで、炎症に対する効果は保ちつつ薬量は減らすことができるという手があるのだが、こちらは胃腸により強い影響があるらしい。今でも食事量が少ないのに、これ以上食欲が低下するのは怖い。
症状が再発したら、そのときに対処することにして、ステロイドを減薬することにした。

食事量が落ちており、体重が減っているのが気になる。
しかも、ここ数日、ごはんを出したときに、口を近づけてから食べ始めるまでに長い時間がかかる食べ方。これは、猫が「食べたいけれど食べられない」ときに見せる動作に近く、具合がよくないサインだと考えている。
単に食べない場合は、身体が消化にエネルギーを使わないようにしている場合があるが、食べたい素振りを見せるのに食べない場合は、身体が病気と戦うためのエネルギーを欲しているのに、何かしらの原因で食欲が湧かずエネルギーを補給できないという危険な状態だと思っている。

食欲低下の原因として、貧血自体、あるいはクロラムブシルも考えられる。
経過次第では、薬の変更も考える必要がある。

■ ねねの検査値
日付 白血球数(個/μl) 赤血球容積比(%)  血糖値(g/dl)
1/21 70,400     25.0        127
1/26 40,700     28.5        ―
2/11 44,700     27.0        110
2/25 13,100     34.4        ―
3/21 22,700     36.7        123
3/31 11,000     36.6        ―
4/14 18,900     32.8        120
4/26 20,900     34.9        ―
5/ 9  10,500     26.2        140
5/30 18,800     22.5        287
6/ 6  19,000     19.0        219
6/13 15,700     22.5        263



「にぇむーい」
にぇむーい

ねね、貧血悪化

2012.06.06 (Wed)
ねねの病状経過観察の診察・検査。

貧血が悪化していた。
PCV19.0。かなり悪い値(先代シロが死ぬ数日前に酷い吐血をしたときと同じ値だ)。
血球計算の結果、非再生性の貧血であると診断された。原因はおそらく猫伝染性腹膜炎(FIP)による慢性炎症。
したがって、根治治療はできず、造血をフォローする対症療法しかない。
エリスロポエチン(ダルベポエチン)と、鉄剤(デキストラン鉄)の注射をした。エリスロポエチン注射は週1回。コバラミン(ビタミンB12)注射は、前回検査から2回行ったが貧血が悪化しているので、効果がないと判断し、今回はしなかった。

また、高かった血糖値も少し下がったものの、異常値のまま。
原因としては高用量のステロイドが考えられるとのこと。
ステロイドを減らすと、腸間膜リンパ節の腫大や、胸水が再悪化する危険がある。しかし、今のところ症状はコントロールできているので、ステロイドを減らし、代わりに免疫抑制剤クロラムブシルを追加することになった。

今のところ、貧血による表立った症状は見られず、食欲もそれなりにはある(胸水発症前ほどは食べない)。貧血が緩やかに進行しているために表出症状がないのかもしれず、今後一気に症状が出る可能性もある。
鉄分を多く摂らせて、貧血が少しでも改善させるよう頑張る。
1週間後に経過観察。

■ ねねの検査値
日付 白血球数(個/μl) 赤血球容積比(%)  血糖値(g/dl)
1/21 70,400     25.0        127
1/26 40,700     28.5        ―
2/11 44,700     27.0        110
2/25 13,100     34.4        ―
3/21 22,700     36.7        123
3/31 11,000     36.6        ―
4/14 18,900     32.8        120
4/26 20,900     34.9        ―
5/ 9  10,500     26.2        140
5/30 18,800     22.5        287
6/ 6  19,000     19.0        219


検査上はこんなねねだが、普段はのんびり過ごしている。そう見えて、体内の敵と戦っているのかもしれない。
そして、私が仕事しているすぐ横で熟睡してくれるようになった。注射や投薬のせいで、ねねとの距離が広がっていたが、ここに来てまた少しねねと親しくなれて嬉しい。嫌なことされているのに、本当に我慢強い子だ。


「気持ちいいニャ〜」
気持ちいいニャ〜

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。