FC2ブログ

猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

指定期間 の記事一覧

ねね、初七日

2012.08.15 (Wed)
ねねの初七日。

ねねのお骨は、レオ、シロ、パンチの隣りにチョコンと座っている。
病の体を脱ぎ捨てた魂は、今ごろ虹の橋で皆といっしょに遊んでいるだろう。
それとも、まだうちにいてくれているかな?

ねねが大変お世話になった方から、とても綺麗なお花をいただいた。
ねねを想ってくださる方、一生忘れないと言ってくださる方がいるねねは幸せもの。

まだ、ねねが入院していて、だからうちにいないんだと錯覚してしまう。
朝、ねねはどこで寝ているか確かめそうになり、ああ、いないんだと気づく。
夜、寝るとき、「今日も無事でよかったね」と声をかけそうになり、いないんだと気づく。
薬の時間なのを思い出して、もう必要ないんだと気づく。
カレンダーには、注射の日に付けた印がひと月先まで続いている。

尻尾をフリフリ振りながら独特の歩き方でやってくる、ねねの姿がまぶたの裏から離れない。
会いたいけれど、それは虹の橋で再会するまでのお楽しみ。

ねね、うちに来てくれて、本当にありがとね。


ねねのお骨
スポンサーサイト



ねね、永眠

2012.08.09 (Thu)
本日、午前7時10分、ねねが虹の橋へ旅立った。

先週から入院し、電解質異常と貧血の治療、栄養補給を続けた。
ある程度回復したものの、それ以上の改善は見込めなくなったため、自宅に連れ帰ることにした。
ところが、病院に迎えに行ったときに危篤状態に。ギリギリの状態で帰宅。
うちで一晩病魔と戦ってくれたが、遂に力尽きた。

やっと猫伝染性腹膜炎の苦しみから開放された。
もう、ねねを苦しめるものは何もない。本当の自由。

あと一日ねねの亡骸に寄り添って過ごしたかったが、猛暑でねねの身体が傷んではいけないので、無念の選択。亡くなったその日に火葬に行ってきた。
小さくなって帰ってきた、ねね。

ねねの可愛くて仕方ない仕草ばかりが、予告編のように頭に浮かぶ。
いずれ、亡くなるまでの経過をメモするかもしれないが、今はとてもできない。

ねねは世界一可愛い猫。世界一頑張った猫。世界一笑顔にしてくれる猫。
今日は一晩いっしょにいてね。


ねねを心配してくださり、応援し、無事を祈ってくださったすべての方々に御礼申し上げます。
ねねも喜んでいると思います。
ありがとうございました。
 | HOME |