猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

猫シェルターボランティア 2013/5/26 ~幹久、旅立つ

2013.05.26 (Sun)
福島原発事故による避難区域に取り残された猫を保護しているアニマルエイドさんの猫シェルターでボランティア作業をした。

福島県大熊町で保護された幹久が死んでしまった。

猫エイズのキャリアだったが、症状はなく、体調は良かった。
しかし先週、突然呼吸困難になり緊急受診。
呼吸不全の症状はある程度落ち着き、食欲もあったため、シェルターに戻って過ごしていた。

今日も幹久のケージを掃除したとき(これが最後のお世話になってしまった)、表情はしっかりしており、小康状態に見えた。
しかしその後、突然、口を大きく開けた開口呼吸をして苦しみ出し、病院へ搬送されたが間に合わず、死んでしまった。
あまりにも急だった。

シェルターにいるときに見送った猫は、千春ちゃんに続いて2匹め。悲しく、やるせない。
幹久も私には馴れていなかったので、死んでから初めて撫でることができた。

幹久は原発事故から、警戒区域で9か月、シェルターで1年半を過ごした。
安らかに。

幹久


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。