猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねねのふるさと、見つかる

2015.03.26 (Thu)
ねねのふるさとが分かった。

ねねの身づくろい

ねねが2011年に保護されたのは、福島県大熊町の小入野だと聞いていたが、そこではなく、同町の「下野上」という場所だった――。

ねねを保護してくれたレスキューボランティアさんから、保護した場所の写真を頂いていたので、それを頼りに場所を特定しようと、Googleマップのストリートビューを見続けてきた。
小入野地区を隅から隅まで捜索したが、写真と一致する場所はなかった。
ストリートビューのデータがない場所もあるので、諦めかけていた。
それでも、もしかしたら別の地区かもしれないと、範囲を広げて捜索を続けていたところ、昨日、ようやく見つけることができた。

うれしかった。
ここがねねが暮らしていた場所かと、ストリートビューで保護場所の付近を散策して、実感できた。
そして、この場所は原発事故に伴う中間貯蔵施設の予定地ではなかったことにも安心した。
ねねのふるさとが汚染廃棄物で潰されることはない。

もちろん、中間貯蔵施設によって住民の人たちの、動物たちのふるさとが奪われることへの怒りは変わらない。
原発によって、ふるさとを台無しにされた上に、土地を供出させられるという理不尽。
東京電力と政府を決して許すことはできない。

ねねのふるさとは帰還困難区域で、今は一般の立ち入りはできないが、いつの日か訪れ、この目で見たいと思っている。


[2015年3月27日 追記]
中間貯蔵施設の予定地は下図の通り。予定地の左端に沿っている道は国道6号で、ねねの保護場所である下野上地区は、この道を挟んで反対側にある。

中間貯蔵施設
「大熊町公式サイト」より

中間貯蔵施設の広さは16平方キロメートルで、これは渋谷区や三鷹市と同じぐらいの面積。その広大な場所が、東京ドーム18杯分にあたる2,200立方メートルの除染廃棄物で埋め尽くされる。
用地の地権者は2〜3,000人と言われる。数千人のふるさとが奪われることになる。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。