猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねね、ミミ、ミケ、シロ、生きてくれ

2012.01.28 (Sat)
検査の結果、ねねに猫伝染性腹膜炎(FIP)の診断が下った。

●診断の根拠
・発熱
・腸間膜リンパ節の過形成(リンパ腫の否定)
・多クローン性の高グロブリン血症
・猫コロナウイルス抗体値1600倍

確定診断のためには生検、浸出液検査が必要だがねねの現状では不可能。リアルタイムPCR法により高確度で判断することもできるが、それを実施するまでもない状況証拠が揃っている。

また、ミケにも発熱を伴う元気・食欲喪失が起こった。
同時期に3匹に同様の症状が出たことにより、ミミ、ミケ、シロにねねからFIPウイルスが感染したことは限りなく100%に近いと診断された。

ねねの治療には、「インターキャット」というネコインターフェロンを投与していく。1日おきの皮下注射を1年間行っていく。通院のストレスをなくすため、自宅で行う。ステロイドも併用。
三兄弟は今のところは症状がないため、免疫力低下を防ぐケアを行う。


ねねはこんなに近くで寝てくれるようになった。

ねねが添い寝


三兄弟にもこんなに近づいて、一緒に遊べるようになった。
ミミ、ミケ、シロも遊びたいざかりで元気いっぱい。

全員集合



ねね、ミミ、ミケ、シロの治療と生活に、私が使える時間と力のすべてを使いたいので、ブログは無期限中断します。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

コメントでははじめまして
心中お察しします。我が家1/20に腹膜炎確定で今は週イチインターフェロン、ステロイド投薬、コンべニア抗生剤。です

ブログに奇跡ともまだいえませんが頑張っている闘病記書いてます
なにかお力になれる事がありましたらなんなりと、私はこの病はもうこれで3回目です。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。