猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねね、 FIP症状改善

2012.02.25 (Sat)
ねねのインターキャット治療開始から4回目の経過観察の検査を行ったところ、症状が改善していた。

超音波検査で、腸間膜リンパ節の腫れが治まっており、ほぼ正常と言ってよい厚さになっているとのこと(5.4mm。発覚時12mm。正常は5mm以内)。
また、白血球数、赤血球容積比(低値は貧血)も正常範囲内に改善した。
総蛋白量とグロブリンがまだ高値で問題があるが、前回の検査時よりは改善している。

驚きの結果。あまりに顕著な改善に主治医も驚いていた。主治医の病院では、猫伝染性腹膜炎(FIP)にインターキャットを用いるのは初めてで、これまでのFIP症例で使ってきたステロイド等ではほとんど改善はなかった。そのため、改善症例もわずかしかないインターキャットであるが、やはりインターキャットが効いているとしか考えられないとのこと。

なお、ねねの治療方法は、以下の数少ない完治症例と症状・経過が似ているため、これを参考にしている。

「FIPを発症した猫ルークちゃんの場合」


以下、ねねの検査結果メモ。

日付 リンパ節の厚さ(mm) 白血球数(個/μl) 赤血球容積比(%) 総蛋白量/グロブリン(g/dl)
1/21 約12.0       70,400     25.0       10.3/7.1
1/26 約10.9       40,700     28.5       10.2/7.4
2/11 約11.3       44,700     27.0       9.6/6.4
2/25 約 5.4        13,100     34.4       9.0/5.5


改善自体は喜ばしいことだが、FIPは経過も不明で、今回の改善も症状の変動範囲内かもしれないため、一喜一憂しないようにする。これからも免疫力を下げないよう、栄養とストレスに気を付け、ねねが楽しく楽に過ごせるように力を注ぐ。


「元気だよ!」
元気だよ


「ボール遊び、大好き!」
リラックスして遊ぶ
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

No title
こんにちは、福島の保護動物のブログなどからこちらのサイトに来るようになりました。
折角地獄から救い出されたのに…ねねちゃんは何も悪くないのに…と
記事を読んで他人事ながらショックを受けてしまいました。
ただの訪問者の私ですらそうなのに、ruigaruさんが感じられた絶望は如何ばかりかと思います。
今回の更新でほんの少しでも希望が感じられる状況になって本当に良かった。
もちろん手放しで喜べるほど甘い病気ではないのでしょうが…
ねねちゃんやミミ、ミケ、シロちゃん、ruigaruさんたち家族が
一日でも長く健やかに過ごせるよういつも応援しています。
ありがとうございます
むめさん、はじめまして。
励ましのお言葉ありがとうございます。
いつ症状が出るのかと、毎日、不安ですが、それ以上にねねと一緒にいることを幸せに感じるよう、そして、ねねがおいしく楽しくぐっすり眠れることで病気を撃退できるようにお世話しています。
三兄弟ともすっかり仲良くなり、元気でやっています。
ブログはあまり更新できませんが、これからも見守ってやってください。
よろしくお願いします。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。