猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねね、また改善。遺伝子検査は陰性

2012.03.31 (Sat)
猫伝染性腹膜炎(FIP)のねねの経過観察6回目の検査で、症状が再び改善していた。

腸間膜リンパ節の腫れが改善、白血球数も正常値範囲内に改善した。
さらに、これまで下がらなかった総蛋白量が下がり、グロブリンが初めて正常値範囲内に治まった。

また、猫コロナウイルス(FCoV)の抗体価検査、およびFCoV遺伝子検査を行ったが、こちらは微妙な結果となった。

抗体価は12,800倍で、このデータ単体で診断した場合はFIP確率90%となった(当検査機関マルピー・ライフテックの場合。102,400倍以上でほぼ100%)。抗体価はステロイド治療によって低下している場合もあるらしいため、実際にはもっと高いかもしれない。
一方、遺伝子検査は陰性。これ単体でFIPを確実に診断できないが。他の検査でFIPが疑われる結果が出ていなければ、十分FIPを否定できる。しかし、ねねの場合は十分に疑えるデータが揃っているため、簡単に否定はできない。主治医も、この結果が一番厄介だと言っていた。診断の判断に迷う要素が追加されることになるためだ。

一応確認しておこうとオーダーした遺伝子検査だが、気持ちの置所に戸惑う結果になってしまった。
リンパ節の腫れに関しては、FIPでなかったとしても、インターキャットを除いて治療法は変わらないため、従来の治療法を続け、経過を見ながら対処していくことになる。

ねねの様子は相変わらずで、涙目はあるものの、それ以外に症状らしきものは見られない。元気・食欲・排泄とも問題なし。

■ ねねの検査値
日付 リンパ節の厚さ(mm)  白血球数(個/μl)   総蛋白量/グロブリン(g/dl)
1/21 約12.0        70,400      10.3/7.1
1/26 約10.9        40,700      10.2/7.4
2/11 約11.3        44,700      9.6/6.4
2/25 約 5.4         13,100      9.0/5.5
3/21 約 9.5         22,700      9.7/6.1
3/31 約 5.3         11,000      8.3/4.9

この改善が続いてくれますように。


得意の甘えコロン、コロン
コロン、コロン


「はにゃちまちぇんよ!」
はにゃちまちぇんよ
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

No title
ご訪問を頂きありがとうございます。
仕事からもどりましたら、また伺います。慰霊祭等の情報をリンクさせて下さい。
バナーも良い情報を拝見致しました。ご熱心で頭が下がります。
宜しくお願い致します。
No title
すみません、フルタイムワーカーで、多忙な時期・・・家事ほか、いつもPCを開くのは遅いです。
元のブログにお願いした方が良いですかね?急ぎません、
慰霊祭の日に気持ちを入れるだけですから、また、お知らせ下さい。
8周齢のはジュルの・・・で拝見しましたね。海外では当たり前なのに・・・
ホント日本は・・・と、また頭にきましたよ。男性の方が管理人さんですね?
熱心な方は嬉しいですね。また、是非ご訪問をお待ちしております。私もまた、伺います。

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。