猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

再び、紫陽花革命に参加

2012.06.29 (Fri)
先週に続き、毎週金曜日に行われている、首相官邸前原発再稼働反対集会に参加した。この集会はチュニジアの民主化運動「ジャスミン革命」になぞらえ、「紫陽花革命」と呼ばれている。

原発再稼働許すな!首相官邸前抗議行動

先週は4万5千人(主催者発表)が集まったが、今週はさらに増え、20万人近く(主催者発表。警察発表2万人弱)が集まった。
*警察は集会開始当初の人数をカウントしており、主催者はその後も増える人数もカウントしているため、このような集会では常に報道での人数に差が出る、というような記述をどこかで読んだ。

集会は夜6時から8時までの2時間の予定だが、前回とほぼ同じ7時35分に到着。
地下鉄の国会議事堂前駅から地上に出ると、先週とは比べ物にならない群衆がそこにあった。先週は歩道だけにいた群衆が、今回は車道まで埋め尽くしていた。感覚的には前回の4倍はいた。

デモや集会というと、殺伐とした雰囲気を想像するが、このデモはとても平和的な雰囲気で、子供連れのお母さん、お父さんも多数いた。私の隣りには3人の子連れの若いお母さん。子供も一緒に「再稼働反対っ!」と可愛いシュプレヒコールを上げていた。
*後で確認したら、官邸前の最前列では、官邸に突入しろと言い出す愚かな輩もいて、少し騒然としたらしい。

7時50分ごろ、主催者スタッフが、予定の8時より早いが混乱を避けるために解散してほしいということを伝えてきた。それを聞いた参加者は三々五々整然と解散していき、私も隣にいたご婦人と「お疲れ様でした」と会釈しあって、帰路に着いた。
*これも後で確認したら、どうやらあまりの人数に危険を感じた警察が、主催者に予定より早い解散を求め、主催者も次回の開催に向けて受け入れたらしい。

国会議事堂前駅では切符を買うために販売機に並ぶ人、そこを横切って改札口へ向かう人でごった返した。ついイライラして、肩が当たった人に舌打ちしそうな状況だが、ここでも皆さん、平和的で混乱はない。
警備を終えた警官に向かって、「お疲れ様でした」と挨拶したら、お巡りさんも挨拶を返してくれた。警官も殺伐としたところは全くない。

このデモでたとえ20万人集まっても、愚かな野田政権が再稼働を撤回するとは思えないが、私自身が原発に反対であることを表明することが目的なので、原発が止まるまで、できる限り参加していきたい。

再起動反対!
原発反対!
ねねのふるさと福島を返せ!

群衆が車道と中央分離帯まで溢れている
紫陽花革命

関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。