猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねね、体重減少続く

2012.07.04 (Wed)
ねね、経過観察の受診。

体重がまた先週より100g減(3.2kg)。食事量は週の前半は平均量で、後半はやや落ちたが、これは暑くなったせいだと思われる。

体温は39.3度とギリギリ平熱。

上唇の炎症はかさぶたが小さくなり、順調に治りつつある。


治りつつある上唇の炎症
上唇の炎症は小さくなりつつある

血液検査は今週はなし。胸水・腹水確認のためのエコーも、体重が増えていないので大丈夫そうなので、今回はなし。

これら以外に気になる症状として、耳の血管が浮き出るようにはっきり見えるようになっていること。それと共に耳の表面が紫斑のような、荒れたような状態になっているのを診てもらった。
この症状は、随分以前から見られたのだが、数週間前から顕著になっており、猫伝染性腹膜炎(FIP)による血管炎の結果が末梢血管に出ているのでは、と考えていた。
主治医も血管炎による可能性があるとのこと。
ただ、今すぐに問題があるわけではないので様子を見る。


耳の血管が浮き出ている
耳の血管

今回も造血剤ダルベポエチンを注射。
処方は現行通り、インターキャット、ステロイドと、上唇炎症のための抗生剤ドキシサイクリンで変わらず。

ねねは今週は、活発に家の中をウロウロし、今まで怖がって足を踏み入れなかった風呂場やトレイを探検していた。
チビ三兄弟が遊んでいる近くにも、再び寄ってくるようになっている。
体重は減っているものの、元気は消失していない。
今の体重はFIP発覚時よりもまだ重いので病的な痩せではないと思うが、ここ1か月で約400g減少している。
これ以上減るのは怖い。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。