猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

三たび、紫陽花革命に参加

2012.07.06 (Fri)
今日も、毎週金曜日に行われている、原発再稼働に反対する首相官邸前抗議行動(紫陽花革命)に参加した。

原発再稼働許すな!首相官邸前抗議行動

雨にもかかわらず、先週に近い人数が集まったようだ(主催者発表15万人、警視庁調べ2万1千人。先週より主催者発表は少ないのに、警察発表のほうは多いのはなぜ?)。
今回は警察の規制が厳しかったようで、国会議事堂前駅では出口は1つを除いて封鎖されていた。そのため、駅構内で15分ほど待たされた。隣りの出口では、若者数人が警官に詰め寄り、「あ・け・ろ」コールが巻き起こって殺伐とした雰囲気になっていた。

今回も官邸前から続く道路は車道も人で埋め尽くされていた。雨が降りしきる中、10分ほどシュプレヒコールを上げて、解散時間の20時に終了。
その後、経産省前に移動し、別の抗議行動で行われていたマイクスピーチを聞く。

福島から来たお母さんのスピーチ。
子供を被曝から守りたいが、国の言うことは信用できない。何とかしたい思いだった。夫は、国の言うことが間違っているはずないから従っていればいいと言う。そんな夫と遂に喧嘩して、抗議にやって来たという。
子供を守りたい母親というは一番強い。数分のスピーチだが説得力が違う。

国と東電による「人災」によってふるさとを追われ、ふるさとを失い、人生を狂わされ、命を奪われた、福島の人たち。これが自分の身に起きたらと思うと、怒りと悲しみでからだが引き裂かれそうになる。
そんな思いの中で聞いた、雨が降りしきる中、官庁街に響き渡るお母さんのスピーチ。涙なくして聞くことはできなかった。

福島の人たちの苦しみ、悲しみ、怒りと同じものを持つことは決してできない。
それでもそれを想像し、自分に置き換え、忘れずにいることが大切だと思っている。


びしょ濡れになりながら思い思いのやり方で抗議
雨の中、紫陽花革命
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。