猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

「さようなら原発10万人集会」に参加

2012.07.16 (Mon)
今季最高の猛暑になった7月16日。代々木公園で行われた脱原発の集会&デモ「さようなら原発10万人集会」に参加した。

10万人どころか17万人(主催者発表。警視庁発表7万5千人)が集まった。
メインステージでのプログラムが始まる前に代々木公園に到着したが、すでにステージ近くには全く近づけないほどの人で埋まっていた。

労組などの組合や政治系団体が全国津々浦々から集まっていることを伺わせるように、数えきれないほどの旗やノボリが掲げられていたが、家族連れや若者のカップルなど、個人参加と思われる人たちもたくさんいた。

うだるような猛暑にもかかわらず、人、人、人…
猛暑の中、人、人、人…

集会の呼びかけ人である大江健三郎氏や坂本龍一氏らのスピーチが始まったが、私の居場所からステージは遥か遠方にあり、その様子は見えない。近くのスピーカーからの声を聞くのみ。
そんな中でも、国民が電気料金値上げ覚悟で、電力会社と「直接」交渉して原発を止めさせるという提案をした広瀬隆氏の話と、福島県で事故以前から反原発を戦ってきた武藤類子さんの話は特に印象に残った。

スピーチが終わると、3つのコースへ別れてデモ行進が開始された。
あまりの暑さで一人ではデモ行進をする気力が出ないので、参加している友人と合流しようとしたが、あまりの人の多さに叶わなかった。
仕方なく、デモ行進を適当なところでリタイアしようと思っていた矢先、警戒区域の動物たちの悲惨な写真をプラカードにして掲げている一団を見つけ、合流させてもらうことにした。
後で分かったのだが、その一団は福島県飯舘村を中心に動物保護活動をしている「愛ちゃん」とそのお仲間たちだった。
彼女たちはなんと地元静岡県から福島まで出動して保護活動を続けている。
そして偶然にも、私は彼女のブログを以前から拝読していた。

警戒区域動物の惨状を訴える人たちと一緒に行進
警戒区域の動物たちの惨状を訴える人たちと行進

暑さに負けそうになっていたところ、彼女たちが叫び続けるシュプレヒコールを後追いで叫んでいるうちに、自然と力が湧いてきた。
シュプレヒコールはこんな感じ。

「警戒区域で・・・・まだまだ動物・・・・たくさんいるぞ・・・・苦しんでるぞ・・・・」
「猛暑の中で・・・・犬猫達が・・・・今日も待ってる・・・・お腹を空かせて・・・・飼い主さんを・・・・今でも待ってる」

動物たちが今も待っていると思うと、暑さに負けている場合ではなかった。
デモ行進の途中、沿道には、愛ちゃんたちが掲げる写真に真剣に見入って、悲しみ、理解を示してくれる人もいた。
その様子を見て、避難区域の動物の現状を知ってくれれば、誰だって何とかしたいと思ってくれるはずだと感じた。
アニマルエイドさん、愛ちゃんをはじめ、避難区域で待っている動物たちを救出することを、決してあきらめない人たちがいる。
沿道の人たちに現状を知ってもらい、保護活動をしている人たちに支援してくれることに少しでもつながればいいなと思いながら、シュプレヒコールを続けた。
そして、行進開始から2時間半後、ゴール地点の千駄ヶ谷に到着した。

今回は自作したねねのプラカードを掲げて行進した。

ねねのプラカード
ねねのプラカード

「福島返して」は、ねねが言っている。
私は福島県に親戚もいなければ、知り合いもいない(震災後に知り合った方はいる)。
そんな福島とは縁もゆかりもない人間なのに、「福島返して」と当事者ヅラして言うことは気が引ける。
しかし、原発反対を訴えるときに、何を拠り所にするかといえば、やはり最大の被害者である福島の人たちの痛みだ。もし自分が同じ立場だったらと想像すれば、どうしようもないほどの怒りと悲しみと悔しさが湧き起こる。胸が張り裂ける。
そして、原発によって失われた無数の動物たちの命と、今も人間を待ち続けて必死で生き抜いている動物たちへの思い。
だから、福島で育ったねねに代わりに言ってもらった。「原発が壊した福島返して。元に戻して返して」と。

原発反対の理由はいろいろ挙げられるだろうが、福島の人たちの立場に立つことを忘れてはならないと思う。
さらに、福島第一原発が首都圏の電気を作っていたことも知らずに、電気を湯水のごとく使う生活を東京で享受していた身としても、福島の人たちの境遇を決して忘れてはいけない。

プラカードがあったから、ねねが一緒に行進しているようで力になったよと、帰宅してからねねに伝えた。
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

No title
涙がでてしまったよ・・
想いを綴ってくださりありがとう・・

福島をまずは忘れてはならない・・
なぜ原発はいらないか??

それは福島が、動物が、植物が
人間が・・すべてを奪われ壊され
引き裂かれたから・・・。

理屈も理由もない。
福島へ出向けば答えは出ます。

原発いらない。

デモありがとう!!
これからはもう仲間です
共に知らせてゆきましょう

まだ終わっていない福島。
守っていこう!!
全くその通りです
> 愛ちゃん

こちらこそ、読んでくださってありがとう。

全く愛ちゃんの言うとおりです。
私の長々とした文章より、短く的確にすべてを言ってくれています。

動物が好きな人、動物と暮らす人は皆同じように考えると思います。
もし自分の犬が猫が、警戒区域の動物たちと同じような目に遭ったら…。
私には子供がいませんが、子供を持つ人ももちろん同じように考えるでしょう。

動物を、人間を、そんな目に遭わせる原発があっていいわけがありません。
理屈も理由もクソもない。
生き物を不幸にする原発が、命より、健康より優先されていいわけがない。
経済だとかお金だとか便利だとか、命あっての物種。簡単なことです。

普通の人間なら、そう考え、原発など即座に廃止するはずです。
でも、なぜかそうなりません。
違う考えの人間がたくさんいるんですね。

私は、この期に及んで原発を肯定する人間は、大切な何かを失っている人間だと思っています。
何かとは生存本能でしょうか?想像力でしょうか?思いやりでしょうか?優しさでしょうか?
もっと言わせてもらえば、何かが狂った人間だと思っています。
でも、失っている、狂っている人の中にも変わってくれる人たちがいるはずです。
そう考え、諦めずに声を上げ、行動していくしかありません。

私は警戒区域を実際に見ていませんが、想像力を働かせて、そこを経験した人の思いに近づこうとしています。
今はねねの闘病中なので行けませんが、いつかねねの故郷をこの目で見たいです。

これからもよろしくお願いします!
洗脳されてる人たち
何度かkepcoに電話をしましたが、
驚くほど現実を知らない。
東電福島原発が冷温停止していると
思っている人もいます。
中部の社員さんがいけシャーシャーと
45%なんて言っていましたが、
あれ紛れも無く正直な意見なんだと思います。
無関心に加え、無教養な人たちが、
一部の確信犯に踊らされているように思います。
仰るように、諦めずに声を挙げていく事がホントに大事ですね。
確信犯だけではなく、無関心層にも届くように!

ねねちゃんの故郷は、
自然豊かな素晴らしい場所だと思います。
いつか必ず元通りになりますように!!

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。