猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねね、初七日

2012.08.15 (Wed)
ねねの初七日。

ねねのお骨は、レオ、シロ、パンチの隣りにチョコンと座っている。
病の体を脱ぎ捨てた魂は、今ごろ虹の橋で皆といっしょに遊んでいるだろう。
それとも、まだうちにいてくれているかな?

ねねが大変お世話になった方から、とても綺麗なお花をいただいた。
ねねを想ってくださる方、一生忘れないと言ってくださる方がいるねねは幸せもの。

まだ、ねねが入院していて、だからうちにいないんだと錯覚してしまう。
朝、ねねはどこで寝ているか確かめそうになり、ああ、いないんだと気づく。
夜、寝るとき、「今日も無事でよかったね」と声をかけそうになり、いないんだと気づく。
薬の時間なのを思い出して、もう必要ないんだと気づく。
カレンダーには、注射の日に付けた印がひと月先まで続いている。

尻尾をフリフリ振りながら独特の歩き方でやってくる、ねねの姿がまぶたの裏から離れない。
会いたいけれど、それは虹の橋で再会するまでのお楽しみ。

ねね、うちに来てくれて、本当にありがとね。


ねねのお骨
関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

No title
きっと、ねねちゃんに注がれた愛情は数ヶ月分ではなく、一生分に値するものなのでしょうね。
ねねちゃんにとっても、ruigaruさんにとっても・・・
一緒に過した喜びや、悲しみの深さは月日には比例しませんよね・・・
お気持ち、とてもわかります。

この間、家の母もでんがお花畑の手前からこちらをじっと見ている夢を見たそうです。
私もそれを聞いてまた大泣きです。

人の場合、四十九日までは家の上のほうにいると伯母から聞いた事があります。
ねねちゃんも、でんも、もしかしたらまだお家にいるかも知れませんね。


ねねちゃん、虹の橋ででんに会ったらお友達になってあげてね。


私も自分が死んでから楽しみな事が一つだけあります。
先に逝ってしまった子たちと、虹の橋で再会できる事です。
でも、まだまだ先かなぁ。
とりあえず、家にまだいる子たちを辛いけれど看取って最後に死ななとなぁ・・・

私の知り合いで、女性一人で6匹の猫たちと暮らしている方がポツリと言っていたことがあります。
「私はこの子たちより一日だけ長く生きられればいい」と。
私も同感です。


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。