猫と共にあらんことを

人生を共にする猫たちをメモするブログ。May the cat be with you.

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

ねねがいたおかげで

2012.11.17 (Sat)
今日、掃除していたときに、ミミがじゃれついて走っていく様子が面白かったので、「あんたたちがいるおかげで、本当に楽しいねえ」と白猫三兄弟に話しかけたときに、ちょうど写真の中のねねと目が合ったので、流れで「ねねがいたおかげで……」という言葉が出てきた。

「ねねがいたおかげで」どうなんだろうと、考えた。次の瞬間、「やさしくなれた」という言葉が出てきた。自分が考えたというより、ねねが話しかけてきたようにも感じた。
「あたしがいたおかげで、やさしくなれたでしょ」と。

ねねがうちに来て嬉しくて、でも難しい病気になって悲しくて、それでも一生懸命生きていく様に励まされて、看病の甲斐もなく死んでしまいどうしようもなく悲しくて……。
でも、そのおかげでやさしくなれたと思う。猫に対して、人に対して、命に対して。自分で言うのはおこがましいけれど、そう感じる。
命は何にも増して大切なんだ、だからやさしくしなければいけないんだ、と。

ねねがいてくれたおかげで、私は前よりやさしくなれた。少しだけかもしれないが、やさしくなれた。
このやさしさをなくしてはいけない。ねねと約束したようなものなのだから。

「あたしがいたおかげで、やさしくなれたでしょ? それをなくさないでね」

あたしのおかげよ


関連記事
スポンサーサイト

ブログランキング参加中! よろしければポチッとお願いします!
にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

こんばんは。
ねねちゃんを家族に迎えようと思ったのは
ruigaruさんが優しい方だったから...

みんながruigaruさんのような人だったら、
殺処分されるコはいないと思います。

ねねちゃんの耳毛、
立派ですね~e-420

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。